動脈硬化を防いで血圧を下げる牛乳の良質なたんぱく質

現代社会では、各家庭の冷蔵庫の中に必ずといっていいほど牛乳が入っていますよね。
日本人の暮らしにしっかりと根づいている飲み物です。
しかし、中高年世代の人たちは、牛乳や乳製品を積極的に摂ろうという気持ちがそれほど強くありません。

牛乳

世界的な長寿国として有名なのが、コーカサス地方です。
この土地では、100歳以上の老人が多いことで知られていますが、年をとっても元気でいられるのは血管の病気が少ないからです。
その食生活を調べてみると、牛乳や乳製品を豊富に摂っていることが分かります。

また、北海道の酪農家を対象とした調査でも、牛乳を飲む人に長寿者が多くて、男女とも80歳以上の人の約8割が、毎日牛乳を飲んでいることが分かりました。

牛乳のたんぱく質は、「ホエー・たんぱく質」と、「カゼイン・たんぱく質」から成り立っていて、高血圧を防ぐ作用があります。


普通のエサを与えると100%脳卒中を起こすという脳卒中ラットを使った実験が行われました。

  1. 普通のエサを与える
  2. ホエー・たんぱく質を含むエサを与える
  3. カゼイン・たんぱく質の入ったエサを与える

この3つのグループに分けて、血圧の変動と脳卒中の発症を調べました。

すると、普通のエサを与えたネズミは、100日を経過したころから血圧が上がって、そのまま下がることはありませんでした。

この状態が続くと高血圧のままで血管は次第に弾力を失って、動脈硬化を引き起こします。
すると、血液が硬くなった血管の中を無理矢理通り抜けなければいけないため、ますます血圧が下がります。
そしてさらに動脈効果が進行するという悪循環が起こります。
その結果、慢性高血圧症となって、早く脳卒中で倒れてしまうんですね。

それに対して、ホエー・たんぱく質やカゼイン・たんぱく質といった牛乳のたんぱく質を加えてエサを与えたネズミは、長期的に血圧上昇が抑えられました。
安定した数値を示して、脳卒中の発症もしばらく見られませんでした。

この実験から、牛乳のたんぱく質には血管をしなやかにして、動脈硬化を防ぐ作用があることが分かりました。
そして、そのおかげで慢性的な高血圧を予防する働きがあることが確認されました。

自分に合った牛乳を選ぶのが大事

牛乳のたんぱく質には、メチオニンなどの含硫アミノ酸が多く含まれています。
含硫アミノ酸には、脳の中枢に働きかけて交感神経の興奮を抑えて、血圧を下げる作用があります。
さらに、高血圧の元凶であるナトリウムを細胞内から追い出して、体外へと排出する働きもあります。

しかも、日頃から飲んでいる牛乳には、実験のようなたんぱく質だけではなくて、カリウムやカルシウムなどの血圧を下げるミネラルも豊富に含まれています。
中高年層にとっては、これはまさに薬以上の貴重な食品といえます。

最近では、脂肪量を抑えた低脂肪乳や、牛乳を飲むとお腹の調子が悪くなる人のために乳糖を除いた牛乳なども販売されています。
自分のい体調や体質に合ったものを選んで飲むようにしてください。

成人が1日に摂取すべきカルシウムの必要量は600mgです。
200mlの牛乳でその3分の1を摂取することができます。

コメントを残す