脳梗塞や脳出血の発作を防ぐこまめな水分補給

体が水分不足の状態になると、血液がドロドロになります。
脳梗塞や脳出血の発作を防ぐためにも、こまめな水分補給が大事です。

水

血液が高い状態がずっと続くと、脳梗塞や脳出血の危険性が高まります。

血圧は、血管が広がれば血流がよくなって低くなります。
血管がキュッと収縮すると高くなります。
この血管の拡張と収縮を支配しているのが自律神経です。

自律神経には、主に昼間を中心に働く交感神経と、夜を中心に働く副交換神経があります。
交感神経が緊張すると血管は収縮して、その緊張が緩むと血管は拡張するので昼間は盛んに血圧が上下します。
夜ぐっすりと寝ている間は、副交感神経の働きが優位になるので、血圧は低く安定します。

では夜ならば安心なのかというとそうではありません。
睡眠中というのは、汗や呼吸で水分が失われ続けていきます。
その水分量は、およそ1リットルといわれています。

当然、血液中の水分も減少して、通常よりもドロドロに粘った状態になって、流れにくくなってしまいます。

脳の血管が破れて起こる脳出血や、血管が詰まって起こる脳梗塞の発作などが明け方に多発するのがこのためです。
こうした事故を未然に防ぐには、水分の補給が欠かせません。

体内に吸収された水分は、血液の中に入って血液の粘土を下げてサラサラにしてくれます。

水分補給のタイミング

夜寝る前に水差しを常備しましょう。
水分補給のタイミングとしては、就寝直前と、夜中にのどの渇きを感じたときです。
コップ1杯の水を飲むようにしてください。

ただ、水を飲むと夜中にトイレに起きてしまうという人は、このやり方には抵抗があると思います。
特に寒い冬場は、暖かい布団を出て寒いトイレに立ったときに、血圧が急激に上がる危険性があります。
そのような場合は就寝前の水分補給は控えて、その分、日中から夕食の時間まで水分をこまめに補うようにするといいですね。
 
朝は就寝時の発汗によって、血液の粘土が最も高まっています。
起きがけにコップ1杯の水を飲むようにしましょう。
これだけでも血圧の上昇を予防することができます。

また、腸の働きを促進して、便秘解消の効果も期待できます。

運動中や入浴後なども必ず水分補給をするようにしてください。
のどが渇いたという感覚がなくても、体の中から水分は失われていくものです。

暑い夏場はなおさら、汗をかく量が増えるので、補給する水分の量を増やしてください。
尿の色が濃くなってきたら要注意です。

ナトリウムとカリウム

汗とともに、体内のナトリウムやカリウムも体の外へ出されます。

特に血圧を下げるために、ナトリウムを排出させようと、降圧薬などの利尿薬を服用している人は注意が必要です。
なぜなら、カリウムはナトリウムと結合して体外に排出される性質があるからです。

筋肉の細胞内に存在するカリウムは、収縮運動に関係しています。
そのため、不足すると筋肉がうまく働かなくなります。
これが心臓で起きると、心筋梗塞の引き金となってしまいます。

水分を補給するときには、カリウムが豊富に含まれている野菜や果物のジュースを飲むのと同時に、ビタミンを摂ることができるのでおすすめです。

コメントを残す