高血糖の悩みを抱える現代人

食生活の欧米化に伴って、日本の糖尿病患者は急増しました。
現在は、糖尿病が疑われている成人男女は全国で約950万人にも及びます。
成人の5人に1人が糖尿病、もしくはその予備軍にあると言われています。

高血糖

糖尿病の一因は、すい臓から分泌されるホルモンであるインスリンの作用不足です。
これは、加齢などによってインスリンの分泌量が低下することや、肥満や食べ過ぎなどによってインスリンの作用が追いつかないことなどが原因となって起こります。

インスリンが十分に働かない高血糖の状態が続くと、神経障害や網膜症、腎症などの様々な糖尿病合併症を引き起こします。
さらに脳卒中や心筋梗塞など、最悪の場合には命に関わる恐ろしい病気になる確率が高まることも分かっています。

糖尿病の中でも日本人に多い2型糖尿病は遺伝の影響もありますが、生活習慣が大きく関係しています。
また、年をとるとインスリンの分泌が悪くなるといわれているので、家族に糖尿病患者がいないからといって油断はできません。
実際に中年になってから高血糖を指摘された人もたくさんいます。
 

健康診断などで血糖値が高いと分かったら、すぐに対策をとることが大事です。

しかし、糖尿病が疑われる人の約4割はほとんど治療を受けたことがないのが事実です。
放置すれば糖尿病になって、合併症になる心配があるのに、どうして何の対策もしないのでしょうか。
それは、日常生活に困るような自覚症状がほとんどないからです。

また、糖尿病治療の基本となる食事療法が面倒ということも大きな問題です。
高血糖の人は、自分の食事を振り返ってみましょう。

ごはんやパン、麺類などの糖質、お菓子などの甘い物、揚げ物などの油っこいものを好んで食べてはいないでしょうか。
食事療法では、このような食べ物を控える必要があります。
つまり、それまで好んで食べていたものを食べられなくなるということです。

しかし、好きな食べ物を我慢するというのは、ストレスが溜まりますよね。
そのために食事療法が続かない人が多いんですね。

コメントを残す