糖尿病が健康に及ぼす恐ろしい悪影響とは?

糖尿病は一般的に肥満の人に多く見られる病気です。
のどが渇きやすくなったり、尿が多くなったり、体がだるいと感じたり、体重が減るなどの症状が現れます。

糖尿病

しかし、このような自覚症状が出る人はわずかしかいません。
糖尿病は症状がないままで密かに進行するケースが多いんですね。

糖尿病になると、血糖値が高い状態が続きます。
血糖値が高いということは、血流の中にブドウ糖が溢れています。
糖の濃度が高い血液は粘り気が強いので流れにくく、血管を詰まらせたり、血管を傷つけたりします。

こうしたドロドロの血流の影響を最初に受けるのが、体内の細い血管です。
毛細血管が集中する目の網膜や腎臓、手足に現れる障害は、発症する確率の高い深刻な糖尿病の3大合併症といわれています。

糖尿病網膜症になると、最悪の場合には失明を招くこともあります。
しかし、網膜症になっても初めはあまり自覚症状がありません。
そのため、突然目の前が真っ暗になって初めて網膜症に気づくことも珍しくはありません。

さらに糖尿病患者は、白内障や緑内障などを発症するリスクが高いことでも知られています。

 

腎臓は、血液中の老廃物などをろ過して尿として排泄する臓器です。
ところが糖尿病になるとこの働きが失われるため、老廃物や毒素が血液中を回っていきます。
そのために頭痛やむくみ、食欲不振、疲労感など、全身に様々な不調が現れます。

腎症が進行すると、人工透析や腎移植などの治療をしないと生きて行けない状態になります。
現在、人工透析が必要となる原因の1位がこの糖尿腎症です。

糖尿病神経障害になると、初期は手足の指先にしびれや痛みを感じます。
しびれの範囲は徐々に広がっていき、これがひどくなると手足の感覚が鈍くなったり、けいれんを起こしたりするようになります。
足が腐って切断しなければいけなくなる壊疽(えそ)の多くは、この神経障害によるものです。

高血糖の影響を受けるのは、細い血管だけではありません。
糖尿病が進行すると大きな血管にも障害が出てきて、脳卒中や心筋梗塞などを起こしやすくなります。

これらの恐ろしい合併症を防ぐためには、血糖値をしっかりとコントロールすることや、血管を強くして血液をサラサラにすることが大切です。

コメントを残す