ジャガイモの豊富なカリウムが血圧の上昇を抑える

南米のエクアドル地方にあるビルカバンバは、長寿国として世界的にも有名です。
ここで暮らす人々の食生活を見てみると、ユッカといわれる里芋に似た繊維の多い芋とトウモロコシを主食としています。
それに、小粒のジャガイモもよく食べています。

ジャガイモ

また、WHO世界保険機関の調査によると、中国の南部に位置する貴陽には高血圧の患者がとても少ないことがわかっています。
貴陽は、海抜が1000mほどの高地のため、生産物が豊かではありません。
ここでもトウモロコシや大豆、小粒の芋を主食としています。

日本では、山梨県の棡原(ゆずりはら)が長寿村として有名ですが、ここでもやはり里芋や小粒のジャガイモをよく食べています。
また、日本で最も平均寿命が長いといわれる沖縄では、昔はサツマイモを主食として食べていました。

このように、長寿といわれれる地域を調べてみると、芋類を多く食べているという共通点があることに気づきます。

血圧を下げるカリウム

芋が長寿に役立つ理由にはいくつか考えられますが、その中でも特に重要なのがカリウムと食物繊維です。
カリウムと食物繊維は、塩分の摂り過ぎによる害を防いで高血圧を予防します。

実際に芋をたくさん食べる長寿の地域には、高血圧の人が少ないという調査データが出ています。
カリウムとナトリウムは、どちらも人間の体には欠かせない大切なミネラルです。

カリウムは細胞の中に多く、ナトリウムは細胞の外に多く含まれています。
細胞が正常に働くためには、この両者が一定の濃度に保たれる必要があります。

ところが塩分を摂り過ぎると、このバランスが崩れて、細胞の中にもナトリウムがたくさん入り込んでしまいます。

細胞は環境を一定に保つために、ナトリウム濃度を下げようとして水を引き込んで、水ぶくれのような状態になります。
全身でこの現象が起きるので、水分代謝は悪化して、肝臓や心臓に負担がかかります。

それに、血管の壁を作っている細胞に注目すれば、血管壁は膨れ上がって、血管の通りが狭くなります。
その結果として、血管に圧力がかかり血圧が上昇していきます。

しかし、このような場合でもカリウムを十分に摂っておけば、細胞内にカリウムが入り込んで、外からの余分なナトリウムを排除します。
追い出されたナトリウムは尿として排泄されるので、細胞は水ぶくれの状態になることなく、血圧の上昇を防ぐことができます。
 

一方で、食物繊維にはナトリウムを吸着して、便として排泄する働きがあります。
食物繊維を十分に摂っていれば、塩の体内への吸収が少なくて済みます。

高血圧を予防するには、カリウムや食物繊維を十分に摂ることが大事です。

もちろん、体内のナトリウムを増やさないためには、塩の摂取量そのものを減らすことも大事ですが、カリウムと食物繊維をたくさん摂っていれば、多少塩の摂り方が多くても血圧が高くなることはありません。

コメントを残す